ツグゼミNOTE

「継ぐ」って何を継ぐの?

ねーねー、ミチト先輩。
「継ぐ」って具体的に
何を引き継ぐことなんだろう・・・?

うーん、一言で片付けられないほど、
本当にたくさんの要素があるよね。
可視化できるものと、できないもの。

そうですよね。

スライドにまとめたから、一緒に見てみよう!

ツグゼミ スライド

大きく分類すると、
「人」、「資産」、「知的資産」の
3つの要素に分けられるんですね。

うん、もう少し詳しく解説するね。

1.「人」を継ぐ

「人」を継ぐということは、「役割」を継ぐこと。
すなわち、経営権の交代、代表取締役としての役割を後継者に引き継ぐことです。誰かに事業を譲りたい、そう思った時、まず第一に後継者を誰にするか決めなければなりません。
親族に引き継ぐ、信頼できる従業員に引き継ぐ、M&Aなどを通じて第三者に引き継ぐ様々な選択肢がありますが、無事後継者が決まってようやく、いつ・どのように承継するか、どうやって育成していくかといったことを考えるフェーズに移行できるのです。

2.「資産」を継ぐ

事務所、工場などの設備、不動産や自社株式など資産を引き継ぐことです。
いわゆるモノやカネに該当します。例えば、会社で使用している資産が会社名義であれば大きな問題にはなりませんが、社長個人名義となっていた場合、相続発生時には会社とは無関係な人に行き渡る可能性もあり、事業存続が難しくなることもあります。
また自社株式を引き継ぐといっても、現状のまますんなりと引き継げるでしょうか?
創業時と比べて株価が大きく上がっている企業も多くあり、その場合では後継者が株式を買い取る資金が準備できなかったり、譲渡や贈与によって多額の税金負担が発生するといった問題が生じることもあります。このまま承継できない場合は株価を引き下げるなど事前に対策を取らなければなりません。会社の規模や形態によって、資産の引き継ぎのハードルは異なり、専門家を交えてしっかりと整理することが必要です。

3.「知的資産」を継ぐ

経営理念やビジネスモデル、知的財産権などを引き継ぐことです。
取引先との人脈や信用力、社長が持つ独自のノウハウなどについても対象となります。
一般的に、目に見えにくい資産とも呼ばれています。
特に中小企業では経営者の頭の中に言語化できないノウハウがあったり、従業員の関係性や対外的な人脈は、時間をかけて築き上げてきたことが多く、簡単に承継することはできません。 

目に見えにくい資産は時間をかけて言葉や経験で伝えていかなければならないものも多くあるのです。

まとめ

これまで簡単に大きく3つの「継ぐ要素」を紹介したけど、継ぐといっても様々な要素があるね、
競争力を維持して事業を存続させるためには、
時間をかけて計画的に準備することが大切だね

ありがとうございました!

まずは、知ることから、はじめてみよ。

by ツグゼミ